監視カメラを設置して犯罪ゼロへ|安全暮らしの味方

カギ

併用する効果について

セキュリティ

無線機は、携帯電話のようなもので、離れた場所にいる相手と会話をすることが出来るものです。トランシーバーやインカムと呼ばれるものも、無線機と同じですね。携帯電話と同じような機能であれば、わざわざ無線機を導入する必要が無いと考える人も居ますが、携帯電話の場合、会話(通話)をしようと思えば、本体を取り出し、番号を入力して、電話をしなければなりません。また、かかってきた相手が、通話ボタンを押さなければ話をすることが出来ません。だから、会話をするまでにかなりの時間がかかってしまいますよね。
それに比べて無線機は、本体を取り出さなくても、イヤホンに付いているマイクのボタンを押すだけで会話をすることが出来ます。また、相手は通話ボタンを押す必要が無く、誰かが話せばその会話が自然とキャッチされるのです。また、何台もの無線機と繋ぐことが出来るので、大勢で会話をすることが出来ます。長時間の会話には向いておりませんが、飲食店なんかでは、ホールと厨房で会話をする際に使用することが多いですね。接客をしながら、ホールと厨房を行き来するのは非常に面倒ですから・・・。

次に監視カメラ設置について説明をします。監視カメラは、その名の通り設置することでオフィスやお店内をカメラで監視することが出来るシステムです。設置すればよいので24時間監視も可能です。24時間常に監視をすることで、防犯性が高くなるのはもちろん、仕事の効率化にも繋がります。小さいオフィスやお店であれば、常に周りを見渡すことが出来ますが、大きくなれば常にオフィスやお店の中を監視することが出来ません。また、いくつもの店舗がある場合はさらに困難となってしまいます。監視カメラがあれば、大きいところでも常に従業員の姿を確認することが出来ますし、何店舗あっても一度に監視をすることが可能です。監視カメラを設置することで、常に従業員の姿を確認することが出来るので、ムダがあれば排除することが出来ますし、仕事を効率よくさせることが出来るでしょう。不正なんかも防ぐことが出来ますね。このように、監視カメラを導入すれば、防犯性が高まるのはもちろん、仕事を管理することが出来るようにもなるので、マーケティングにも役に立ちます。もちろん、防犯性の面も高く、人がカメラに映ると映像の記録を始めたり、ライトが反応するというようなものもあります。夜間の人が居ない時間の防犯が不安だという時に非常に心強いです。